成人式・卒業式の振袖レンタルなら京都逸品館でこだわりの京友禅を

手描き友禅による振袖レンタル

お問い合わせは0120-71-1604まで

振袖

☆世界に一枚の振袖☆

    振袖 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日ご紹介する振袖はこちら!!

「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の十二支柄です。

鞠と合わせてかわいらしくデザイン☆

柄の一部には絵馬も!!

絵馬の中の文字を自分の名前に変更することも可能です。(ご購入に限り)

京の振袖屋にてご用命いただき、世界に一枚の振袖を制作中です!(^^)!

↓ ↓ ゴム糸目の制作工程後がこちら ↓ ↓

仕上がりが楽しみです(*^_^*)

 

こだわりの世界に一枚だけの振袖はいかがでしょうか?

地色を変えたり、ご要望お伺いしております。

ぜひお問い合わせくださいませ(*^_^*)

 

京の振袖屋 075-211-0851

振袖のご紹介

    振袖 

ブログをご覧いただきありがとうございます☆

振袖のご紹介です。

『扇に源氏雲』

扇文に四季の草花を表現し、源氏雲に小紋箔をあしらい重厚な振袖です♪


扇文

扇文は、末広がりの意味から縁起のよい吉祥文様

源氏雲

源氏雲は、雲文の1つであり 絵画や文様の中を洲浜形に仕切り雲がたなびいた感じを表わしたもの

源氏物語絵巻に使われたことから源氏雲と呼ばれているそうです。

小紋箔

小紋箔とは、小紋の型紙を置いて金、銀の箔置きをすること

 

繊細な柄の金、銀箔の加工も注目してご覧ください☆

 

伝承の会 ~京の振袖屋~
075-211-0851

振袖のご紹介♪

    振袖 

ブログをご覧いただきありがとうございます☆

振袖のご紹介です。

『若松』
個性的で斬新な振袖です。




若松文~わかまつもん~

芽生えてまもない若い松を文様化したもの

小松文とも呼ばれます。

新鮮で若々しい印象を与えるので慶事に多く使われます!!

 

白地と栗梅色の2種類を制作しました♪

栗梅色~くりうめいろ~とは、栗色を帯びた濃い赤茶色のこと

 

若松文を大胆に配し、配色は現代アートを感じさせるものに。

羽織れば品格漂う逸品の振袖です。

ぜひ展示場でご試着くださいませ☆

 

伝承の会 ~京の振袖屋~
075-211-0851

振袖のご紹介☆

    振袖 

ブログをご覧いただきありがとうございます☆

振袖のご紹介です。

『花筏に枝垂れ梅』
花筏で優雅さ、そして色合いで幻想的な雰囲気を醸し出した振袖です(*^^)v


~はないかだもん~

筏に四季の草花を飾り、川を流れていく様子を文様にしたもの

枝垂れ梅

厳しい冬に花を咲かせていち早く春を告げるは、竹や松とともに並び称される吉祥文様

奈良時代には「花」といえば「梅」の事を指すほどとても親しまれた花です。

 

振袖の地色は、薄い水色と濃い水色に若芽色をぼかし染めに!!

若芽色~わかめいろ~とは、植物の若い芽のような淡い黄緑色のこと

 

写真では伝わりきらない素敵な色合いの振袖です(^^)/

ぜひ展示場で実物をご覧くださいませ。

 

伝承の会 ~京の振袖屋~
075-211-0851

 

 

振袖のご紹介

    振袖 

ブログをご覧いただきありがとうございます☆

本日は振袖のご紹介です。

『御所解模様に雲霞』

御所解模様のポイントに几帳を配し、御殿から庭を見るようなイメージ!(^^)!

雲霞は、源氏雲と霞を組合せて

 源氏雲は、雲文の1つであり 絵画や文様の中を洲浜形に仕切り雲がたなびいた感じを表わしたもの

 霞は、本来形がないものですが 遠近感や時間の移り変わりを表現する

御所解模様は、御所車・几帳など 公家の生活に使われたものと四季の花や木などを散らした多彩で華麗な模様のこと

 

白地と水色を製作しました!!
地色が異なると振袖の雰囲気もガラッとかわります。

水色は、“浅葱色”とも“新橋色”ともいえる地色です。

浅葱色~あさぎいろ~とは、葱藍で染めた薄い藍色のこと

新橋色~しんばしいろ~とは、明るい緑がかった浅鮮やかな青色のこと

ぜひ展示場で実物をご覧くださいませ☆

 

伝承の会 ~京の振袖屋~
075-211-0851

 

1 / 3123