成人式・卒業式の振袖レンタルなら京都逸品館でこだわりの京友禅を

手描き友禅による振袖レンタル

お問い合わせは0120-71-1604まで

2016年12月

《その12》水元(水洗い)

    京手描友禅~制作工程について~ 

皆様こんにちは(^^)

『京手描友禅の振袖』のご紹介続きです☆

《その12》水元(水洗い)

水元とは、完全に染着された生地を多量の水使ってきれいに洗い流す工程です。

《目的》生地に残った未染着の染料や薬剤、糊料を完全に洗い落とすこと

※生地に少しでも不純物が残っていると…

⇒染料の汚染、スレ、折れの発生、生地の風合いを損なうなどの問題が発生します!!

簡単に思われがちな工程ですが、、、
糊を落とす際のブラッシング等では“熟練の技”がないと生地を傷めることになるため、ほかの工程に劣らない重要な工程です。

1.水元を行う生地を人工川に入れ流す。
imgp2997

2.模様部分についた糊を落とすために刷毛でブラッシングを行う。
《ポイント》この際、生地を傷めずに行うことは職人技!!!

imgp3000

3.水をきり乾燥させる。
imgp3002

1965年ごろまでは自然の川で水元を行っていました。
しかし!!!
環境汚染の問題から禁止され、現在は工場に人工川を作り水元が行われています。
近年では水洗機の使用も増えてきています。

 

 

伝承の会
振袖レンタル~京都逸品館~
075-211-0820

《その11》蒸し

    京手描友禅~制作工程について~ 

皆様こんにちは(^^)

『京手描友禅の振袖』についてご紹介☆

《その11》蒸し

蒸し箱に入れ、約100度の蒸気で20~50分間蒸す工程です。

《目的》引染の終わった生地に地色を定着させる!!

※濃い地色のものは何度も繰り返し行います。

 

引染や挿友禅によって付いた染料は、まだ生地の上に置かれた状態です。

染料を生地に染着させ、完全な発色を促すために行う重要な役割です

 

こちらが蒸し器です!!

木製で露落ち防止のために上部が屋根状に傾斜した構造になっています。

imgp2996

生地は蒸し枠に掛けて蒸し器に入れる。

imgp2994

生地掛けの方法は、棒掛け、ひも掛け、かん掛けの3種類あります。

 

 

伝承の会
振袖レンタル~京都逸品館~
075-211-0820