StaffBlog京都逸品館 スタッフブログ

京都逸品館 スタッフブログ

おすすめの新品お誂えレンタル振袖

2015.12.15  振袖紹介  ,

逸品館おすすめの新品お誂えのレンタル振袖です。 新品お誂えレンタルとは 白地に御所解文様に貝桶、青色の流水が優美を醸し出しています。貝桶は、貝合わせの貝を入れるためのもので、中世では、嫁入り道具の一つでした。「貝合わせ」 蛤は、対の貝しか合わない為、平安時代から貝合わせの遊びに使われてきました。内側は美しく装飾されていました。 IMG_2467

おすすめの新品お誂えレンタル振袖

2015.12.7  振袖紹介  ,

逸品館おすすめの新品お誂えのレンタル振袖です。  新品お誂えレンタルとは 地色は、染める数が少ない鮮やかな紺地。柄は、古典柄の王道「束ね熨斗」 束ね熨斗目とよく言われますが熨斗目は図柄で、文様としては束ね熨斗文。熨斗は、鮑の肉を薄く剥いで引き伸ばし、紙の間にはさんで祝儀の進物や引き出物に添えたのが始まりです。それを細長い帯状に文様化したのが熨斗文で、多くは数本を束ねた束ね熨斗として、吉祥文様の代表として多くの着物に様々に使われています。 IMG_2470

本物の手描き京友禅

2015.7.8  京友禅について 

京都逸品館の振袖レンタルは、本物の手描京友禅です。

「京友禅」は、すべてが手描きと思われる方が多いですが、
「京友禅」には、「手描き友禅」と「型友禅」の二つの技法があります。
現在では、特殊染と言われる「インクジェット」による
着物も京友禅と言われている場合が見受けられます。

「手描き友禅」の特徴は、一人の職人による作品ではなく熟練した
多くの各専門分野の職人による手技の集大成です。
「型友禅」「インクジェット」にはない、絵筆による友禅染なので、描かれている
模様に人の温もりが感じられます。

印刷物、インターネット上の画像ではわからない伝統美を手に取って感じてください。

これからブログ頑張っていきますので
よろしくお願いします。

過去の記事